臭いを軽減!加齢臭の原因であるノネナールを分解させる方法

臭いを軽減!加齢臭の原因であるノネナールを分解させる方法

加齢臭の原因であるノネナールの発生を抑えるためには、余分な皮脂を洗い流したり、肌を清潔にして臭いを作り出す雑菌の繁殖を抑えるなどの方法がありますが、すでに発生してしまったノネナールを分解・除去するには、どのような方法があるのでしょうか。

 

加齢臭の臭いを軽減させる対策についてまとめてみました。

 

 

ポリフェノールの力でノネナールを除去

ポリフェノールには、ノネナールなど体臭の原因となる過酸化脂質の生成を抑える働きが知られていますが、そのほかにも、発生したノネナールを吸着して臭いを抑える働きがあります。
これに注目したのが、サントリーから販売されている、加齢臭対策石鹸の「プラスデオ」です。

 

ポリフェノールにも様々な種類がありますが、プラスデオには、ウーロン茶、甜茶、柿渋、緑茶のポリフェノールを組み合わせて配合しており、実際に使用するとノネナールの量が減少したという結果が出ています。

 

臭いの吸着だけでなく、ポリフェノールの抗酸化力は、老化の原因となる活性酸素の除去にも効果があると言われていますから、普段の食事からも、ポリフェノールを摂るようにすると加齢臭対策にも役立てられるでしょう。

 

 

柿渋が加齢臭を防ぐ

渋柿の渋みの元である柿渋はポリフェノールの一種で、ノネナールを含む臭い成分を無臭化する働きがあることが知られており、様々な加齢臭対策石鹸などに配合されています。同じくポリフェノールが豊富と言われる食品の中でも、柿渋は赤ワインの20倍ものポリフェノールを含んでいます。

 

さらに柿渋には、殺菌効果があり、臭いを作り出す雑菌の繁殖を抑えることで、体臭の発生を軽減できるとも言われています。

 

このように、柿渋にはノネナールを分解したり、体臭を軽減させる効果が期待できるため、様々なメーカーから柿渋配合の石鹸が販売されていますが、メーカーによって配合される成分や量が異なるため、同じ「柿渋石鹸」という名称でも、効果にばらつきがあることが多いようです。

 

柿渋石鹸を選ぶ際は、商品の口コミや価格なども参考にして、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

 

 

まとめ

発生してしまったノネナールなどの体臭成分を分解・除去するためには、ポリフェノールや柿渋などの成分が有効であると言われており、これらを配合した加齢臭対策石鹸が高い人気を集めています。

 

普段の石鹸やボディソープでは、なんとなく体の臭いが落としきれないと感じている人は、これらの石鹸を試してみるのも、加齢臭対策として有効かもしれません。