女性にも加齢臭ってあるの?男性と女性の体臭を比較してみた!

女性にも加齢臭ってあるの?男性と女性の体臭を比較してみた!

加齢臭というとオジサンのものというイメージがあり、女性には関係ないように見えますが、加齢臭の原因物質であるノネナールは、加齢とともに男女問わず発生量が増えてきますので、女性も加齢臭には注意が必要です。

 

 

閉経後は特に注意!女性の加齢臭

ノネナールは過剰に分泌される皮脂に含まれる脂肪酸や、酸化した皮脂が雑菌によって分解される過程で発生します。

 

閉経して女性ホルモンの量が減ると、皮脂の分泌が増えたり、脂肪酸の酸化を抑える力が弱くなってくるため、ノネナールなどの体臭が発生しやすくなるため、男性ほどではなくても女性にも加齢臭が発生します。

 

また、閉経前の女性であっても、ストレスや不規則な生活などでホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンがうまく働かなくなって、体臭の原因物質が多くなることがあります。

 

このほかに、動物性脂肪の多い食事で、皮脂の分泌量が増えたり、便秘で腸内環境が悪化するとアンモニアが発生して体臭がきつくなることがありますので、女性でも体臭には気をつけましょう。

 

 

男性と女性の体臭の違い

女性の加齢臭は、個人差はありますが、男性の脂っぽい臭いに対して、チーズのような臭い、または古くなった化粧品の臭いと言われることがあります。しかし、男女共通して加齢臭と言われるのはノネナールの古い本のような臭いに特徴があります。

 

女性にも男性と同様に加齢臭が発生しますが、一般的には女性のほうが男性に比べて皮脂腺の数が少なく、分泌される皮脂や汗の量が少ないため、体臭は男性ほど強くありません。

 

また、女性のほうが男性に比べて、日頃からスキンケアや臭いのケアに気をつかっている点も、体臭に違いがある理由だと考えられます。

 

 

女性が気をつけるべき加齢臭対策

加齢臭が出やすい場所は、皮脂腺の多い頭皮や、耳の後ろ、首のまわりと言われていますが、ノネナール自体は水溶性で、シャワーや入浴で洗い流せてしまうので、きちんと洗えば臭いを予防することができます。

 

女性の場合は髪が長い人が多いので、洗髪の際は髪の毛を重点的に洗っていることが多いかもしれません。しかし、加齢臭の発生源は頭皮ですから、洗髪の際は、髪の毛よりも頭皮や耳の後ろを意識して洗うことで、臭いを軽減することができるでしょう。

 

さらに、洗髪後は髪の毛ではなく頭皮に風を通すようにドライヤーを当てることで、頭皮を清潔に保つことができます。

 

また、閉経後、女性ホルモンの抗酸化力が低下してきたら、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化力が高い食べ物を意識的に摂るようにしましょう。

 

ビタミンCやビタミンEは小松菜やほうれん草、グレープフルーツやイチゴに多く含まれており、加齢臭の予防だけでなく、美肌対策にも役立てられる食材です。

 

 

まとめ

女性は男性に比べて皮脂腺の数が少なく、日頃からスキンケアに気を付けている人が多いので、男性ほど体臭が強くないことが多いのですが、加齢臭は男女ともに発生するため、中高年以降は注意が必要です。

 

特に閉経後は体臭を抑えていた女性ホルモンの量が減り、体臭が表れやすいので、毎日の入浴や食生活を工夫することで、加齢臭対策を行うと良いでしょう。