知識として頭に入れておきたい!ノネナールとはどんな物質か?

知識として頭に入れておきたい!ノネナールとはどんな物質か?

加齢臭の原因物質としてよく耳にするノネナールですが、いったいどのような物質なのでしょうか。加齢臭対策を行う上で知っておきたい、ノネナールに関する基礎的な情報についてまとめてみました。

 

資生堂が発見した加齢臭の元「ノネナール」

加齢臭の原因と言われているノネナールは、正確には2-ノネナールという不飽和アルデヒドの一種です。臭いの研究を行っている資生堂が解明した成分で、「ノネナール」は資生堂の登録商標になっており、「加齢臭」という名前も資生堂が命名しました。

 

ちなみに、同じく臭いの研究を行っているライオンでは、加齢臭とは別に、30代男性特有の油っぽい臭いの原因をベラルゴン酸であると発表しています。

 

 

ノネナールが生成される仕組み

ノネナールは、皮脂の中に含まれる9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質で酸化されたり、皮膚常在菌によって酸化・分解されることで、発生することが分かっています。

 

9-ヘキサデセン酸や過酸化脂質は、抗酸化力が衰えてくる40代以降に増える傾向にあるため、加齢に伴って発生する臭い「加齢臭」と呼ばれるのです。

 

ノネナールは加齢臭の原因物質と言われていますが、ノネナール自体は水溶性なので、毎日のシャワーや入浴で洗い流すことができます。

 

しかし、ノネナールの元となる皮脂は、油性の汚れであるため、通常の泥汚れを落とす洗剤では落ちにくく、枕カバーやシャツの襟に蓄積した皮脂汚れからノネナールが発生することがあります。

 

 

自分では気づきにくい加齢臭

加齢臭というと中年男性のものというイメージがありますが、ノネナールは40歳を過ぎたころから男女問わず増えてきます。

 

女性に比べて男性のほうが皮脂腺が多く、皮脂の分泌量が多いので、臭いが発生しやすくなりますが、女性でも皮脂量が増えてくる季節や、閉経して女性ホルモンが減少する時期には注意が必要です。

 

加齢臭は自分では気づきにくく、周囲の人が先に感じていることが多いので、自分は大丈夫と思い込まず、40歳を過ぎたら、臭いケアに気をつけたほうが良いでしょう。枕カバーから加齢臭が感じられやすいのですが、頭は皮脂の分泌量が多いので、加齢臭が最も出やすい場所です。

 

このほかにも、耳の後ろや首周りは加齢臭が発生しやすいと言われていますが、背中や胸元、ワキなども皮脂腺が集まっており、ノネナールが作られる部分です。これらの部分は自分の鼻では感じにくいことが多いので、毎日の入浴やシャワーの際に、念入りに洗うようにしましょう。

 

 

まとめ

ノネナールは資生堂が発見した加齢臭の臭いの元となる物質で、40代以降に過剰に分泌される皮脂が酸化されたり雑菌によって分解されることで発生します。ノネナールは加齢とともに男性だけでなく、女性でも増えてくるので、自分では感じなくても、日頃からケアしておくことが大切です。